★教職員の皆さんからのご意見★

*コメントはご自由に入れてもらって構いませんが自己責任でお願いいたします。
私的な個人情報は記入しないで下さい。職員の方専用です。

賞与の職員向け説明について

経営状況が悪いという理由を上げていますが、経営状況の責任を負うのは経営であって、職員は経営の指示にしたがって働いています。

賞与を満足に払えない経営をしているのであれば、経営の賞与は無しで良いのではないでしょうか。

また、決算が実質赤字とのことですが、赤字額の詳細な根拠が示されていません。
粉飾決算がニュースになることがありますが、赤字額は会計上の操作で増減できるのではないでしょうか。

さらに、経営環境が厳しいと説明にありますが、患者を増やす努力をせず厳しいと言っているだけだと思いますがいかがでしょうか。
 
職場:=Arbeitsplatz
性別:=その他
年齢:=Alter
職種:=Beruf

ヤフーニュース

皆さん、岩澤さんの最新記事御覧になりましたでしょうか?
10月1日のヤフーニュースに転載記事が載ってますが、むこうのコメント欄は記事および岩澤さんに批判的なものばかりで困惑しております。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=医師

理事会の説明会 皆さんはご覧になりましたでしょうか

2022/9/22の理事会の説明会 皆さんはご覧になりましたでしょうか。
理事会派の皆様におかれましては、具体性のない文言を並べ立て要は自分たちは何も悪くないとヒステリックにわめきたてておられましたが、職員はどうお考えになったのでしょうか。内部監査の文書など誰が信用すると思っているのでしょうか、またそう言い張る滑稽な姿は失笑ものでした。個人的には、特定の科、おそらくは気に入らない勢力の科を攻撃するかのような内容も多く盛り込まれているように感じました。今回は理事会派の自己弁護と、敵対・攻撃対象が誰であるのかをアピールし、その対象の揚げ足をとるという非常に幼稚な内容であったと感じます。冒頭、前院長とジャーナリストのやり取りを傍受・録音し態々文字起こしまでしてそれを意気揚々と公開するあたりは、その行動の気持ちの悪さに呆れるしかありませんでした。ここ数ヶ月の報道記事への過剰反応を見ると、見事に痛いところを衝かれているのだなと、ファクトに反論できないもろさにはお気の毒に思う次第ですが、我々も皆様理事会の不正や不透明さ、不公正、不誠実さ(誠実でない者ほど、自分で誠実と言い張る)に目を瞑らず、皆様理事会とその取り巻き連中による今回の稚拙な恫喝に屈せず、函���力ながら種々の手段により声をあげ続けようと思います。

性別:=男
職種:=医師

声を上げた医師を全力で支持しよう

疑惑への沈黙は継続している。しかし現場の苦労を考えない理事長に対する動きが始まっている。今力を合わせるべきときだ。声を上げ続ける、そして声を上げた人を支持し守る。当たり前なことを続けるのみだ。過半数代表は大切だが、それ以前にもやれることがある。声を上げた医師を全力で支持しよう。

職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職

現在の過半数代表が9月末で任期終了となります

現在の過半数代表が9月末で任期終了となります。

以前ここの意見にあったように、職員の気持ちと意見を代表する過半数代表をしっかり選ぶ必要があると思います。

すべての職種の立場を理解し、しっかりと意見が言える代表を選出しましょう!
 
職場:=河田町本院
性別:=女
年齢:=40-49
職種:=看護職

大学が健全な民主的なプロセスを歩めれば、すでに彼女は退陣させられている

なぜ岩本氏の疑惑を追及し続ける必要があるのか?大学が健全な民主的なプロセスを歩めれば、すでに彼女は退陣させられている。しかし理事会や評議員が、疑惑を黙認し、民主的なプロセスは期待できない。民主的なプロセスには、誤った判断をしてしまう不完全さがある。しかしそれを正すことができるのも民主的な仕組みには残されている。しかしその民主的なプロセスを破壊する数々の理事長のやり方がある限り、疑惑を追及し続ける必要がある。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職

とても恥ずかしかった。

昨今の報道やネット記事で、子供の学校で面接の時、「お母さんも大変ですえ」と同情された。とても恥ずかしかった。
いつからか女子医大の名前を恥ずかしくていえなくなってしまったんでしょうか。
ネームバリューが地に落ちてますけど、責任持って改善していただけるのでしょうか。
もともと給料低め、休みなしだけど職場の雰囲気は良くて、なんとか頑張ってこれでは報われないです。
若い人たちが離職を選択しても仕方ないと諦めています。
これらをどうやって改善していくのか是非ご説明いただきたいです。
 
職場:=足立医療センター
性別:=女
年齢:=50-59
職種:=医療技術

あまりにもひどいです

文書の報道は、岩本理事長、そして理事長の独裁を忠実に実行する丸学長、独裁を許している業務理事の肥塚氏の横暴の事実を明らかにしているに過ぎません。役割を果たさない理事会、評議員の過ちは言うまでもありません。そして至誠会。しかしあまりにもひどいです。土下座をするのは、岩本理事長です。しかし求めたのは医学部長らのようです。以前から指摘しているように、理事長から見れば、職員はコマにしか過ぎません。コマは撤回されていません。残念ながら内部から声を上げるのは難しいと考えてしまっている人が多いです。やれることはあるはずです。この組合掲示板を皆が共有すること、報道機関に医療安全の危機にあるうちの現状の報道を訴えること、厚生労働省に働きかけること、組合の行動も必要です。現場で働く人を大切にできず、人を信じることができない理事長には、大学運営は無理です。自身が経営しているクリニックにもどりなさい。自分のクリニックで働く人、大切にしますよね、大切にしないんですか?まず疑惑を説明してください。事実がないなら、ジャーナリストを訴えてください。でもあなたがしてきたことは、私たちみんな叩��里辰討い泙后�
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職

正義のために真実追及に向き合っている。

岩本氏の疑惑を徹底的に追及しなくては、女子医大で働くわたしたちの未来は絶対にない。疑惑を追及しないように、疑惑を報じたジャーナリストに彼女は働きかけているようだ。疑惑を追及されることは嫌なようだ。しかし疑惑を追及し続ける必要がある。今回の件に、丸学長の関与は不明だ。しかし丸氏は、一時帰休や賞与ゼロ、職員べらしを理事長と推進した本丸だ。肥塚氏は、今回の疑惑に対する説明に名を連ねており、至誠会との関係を考えたら、今の説明では不十分だ。理事会、評議員会の責任は言うまでもない。また至誠会の責任は重大だ。しかし岩本さん、あなたは女子医大から退場するべきである。あなたは、すべての事実を知っているのだから。自分のしたことの責任を取らなくてはならない。また今の至誠会関係者も退場させる必要がある。疑惑をなぜ追及するのか。現場で奮闘する皆のための理由以外ない。私たちが、懸命に患者さんの命に向き合っているように、ジャーナリストは真実を明らかにするため、正義のために真実追及に向き合っている。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職

あまりにもお金の動きが不透明すぎます。

 あまりにもお金の動きが不透明すぎます。職員が頑張っていることが、どこに流れているのでしょうか?通常こんなことが起きれば、理事会で問題になることが、問題にならない。これまでにも多くのことがありましたが、以前から続く女子医大の悪しき伝統に、現在の体制が拍車をかけています。あまりにもおかしい。必要な行政機関等が動くような事態だと思います。しかしその動きに待ったがかかるようなことががあるのでしょうか?
 現場で踏ん張っている職員のためにも世間の力を借りなければ、理不尽な状況は、一生続きます。今回の事態に新しい弁護士の対応があることを掲示板で知りました。それが事実なら、余計なお金がかかります。過ちがあったのであれば、責任をとってください。

職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職
 

文春の記事が公開されましたが、どのように記事を読んだらいいのでしょうか?

ご意見:=質問 文春の記事が公開されましたが、どのように記事を読んだらいいのでしょうか?

回答 あるジャーナリストが、命や職業倫理にかけて執筆した記事と受け取っています。私たち職員が、行動しにくいことを深く理解した上での行動だと思います。理事長就任から、今までの全てのこと、理事会や理事長の対応を振り返り、一人ひとりが考える情報リテラシーが求められています。現代において東京女子医科大学が私物化されてはいけないし、理事会、評議員会が正しく機能するべきだし、公益通報が保証されない組織であってはいけません。これらのことを書かなくてはならないことは、何が原因か、皆が考えるべきです。同窓会組織の問題もあるようです。理事会や評議員会では、議決するとき利害関係者は、議決に加われません。同窓会組織そして同窓会組織からの役員に厳しい視線を向けるべきです。理事会は責任を取ったのでしょうか?公益通報に該当する内容を訴えた職員を解雇する組織では、絶対にいけない。また記事にある以外にも、これまで理事長が、どのような優秀な弁護士を雇っているかも、読み解きが大切です。私の考えは、ありますが言及は避けます。皆さんも気をつけて発言ください、もしくは発言しなくて大丈夫です。岩本さんにとっては、優秀���には違いない、それは事実です。ただそれでいいのかと、私は思います。

 
 

 
職場:=河田町本院
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=一般職

岩澤さんから、です。何が起きたのでしょうか?



現場を考え苦しんでいたのてしょうか?
 
職場:=河田町本院
性別:=女
年齢:=20-29
職種:=看護職

私たちも疑惑を生み出す一因なのか?

文春の疑惑に対して岩本理事長、肥塚理事、丸学長の連名で回答があったが、説明は果たされただろうか?わたしには、そう思えない。疑惑を生み出す背景は、私たちの大学の仕組みのどこに問題があるのだろうか?理事、評議員たちの責任は重い。医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、作業療法士、言語療法士、栄養士などや事務の方が、患者さんの治療、ケア、リバビリなどに貢献した成果は、どこに消えるのか?消えていないのか?女性活躍が叫ばれる現代だが、経営が現場を無視する状況では、男も女も関係なく、過ちが起きるのではなかろうか?過去の改革により至誠会の理事が、大学の理事や代議員に多く名を連ねている。自分たちの利益のために行動しているだけなのか?
 私たち職員は、それぞれの状況があり、行動の起こし方は様々でいい。でも公益的な観点から通報した職員の方は、どうなるのだろうか?その方は間違えた行動をしたのか?私は、そうは思えない。その方の名誉をどうしたら回復できるのか?私たちが正しさを追求しなければ、わたしたちも疑惑を生み出す要因なのだろう。
 
職場:=その他
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職

職員から搾取したお金はどこに?

組合の資料を見て、改めて職員から搾取したお金は、どこに行っているのか疑問に感じた。一部は、文春の記事で疑義がでている。説明しない理事長の対応は、疑義が深まる。また同窓会会長と大学法人の理事長を兼務すること事態に疑問を持っている。私の感覚では、大学理事長になれば、同窓会会長は辞任する。今も岩本氏は、至誠会会長なのだろうか?大学と至誠会の関連はいかに、前述の黒字のお金と関連があるのだろうか?働いている人を大切にするキャッチコピーに、騙されてはならない。疑義への対応が必要だ。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職

もしそうだったら、職員に対して誠意のかけらも残ってないと思います。

5月13日の病院運営会議で、法務部の弁護士さんが、「一連の報道に対して、法人として月末までを目途に何らかの説明する機会を設ける」と話されたと聞いています。明日がその月末ですが、現在までに何の説明もありません。6月2日に病院機能評価受審のキックオフミーティングで、理事長のあいさつが予定されていますが、何の説明もしないまま理事長は平気であいさつできるのでしょうか?
もしそうだったら、職員に対して誠意のかけらも残ってないと思います。
 
職場:=河田町本院
性別:=女
年齢:=40-49
職種:=看護職

なんとかなりませんか?

最近の報道に対して懲戒免職になった職員2名とありましたが、ただ辞めさせるだけでなく疑惑に対して職員に説明が必要だと思います。とても怖いと恐怖心がでました。
病院内で何が起きているのでしょうか、、、。理事会の中では何が行われているのか疑問です。
説明責任はないのでしょうか。どうか納得のいく説明をして欲しいです。
このまま女子医大で働いていて大丈夫なのかと毎日不安しかありません。現場で一生懸命働いている職員をもっと大切にしないと、女子医大の未来はないと思います。
どんどん職員が辞めていることにもっと危機感を感じられないのでしょうか、、。
辞めたら人が入ると思っているのでしょうか。
なんとかなりませんか?
 
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
 
職場:=河田町本院
性別:=女
年齢:=30-39
職種:=看護職 

内部通報先は機能しているのでしょうか?次の展開は?

疑問 内部通報先は機能しているのでしょうか?次の展開は?
回答 機能していないようで。現状厳しいようですね。記事がでることに対しての法人の対応は、岩澤さんのあらたなTwitterに記載があります。理事会は説明をする気がなく、沈静化を待っています。そのためには賞与の対応で、一定程度満足いく形にして、職員の不満を抑えるでしょう。ただこうした行く末は、果たして。一定程度長くいる職員も沈静化を待っています。若い人が心配です。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=50-59
職種:=教育職

ものすごい闇の奥深さを感じます

質問 今回文春以外のニュースは、問題を報じません。何を、意味していますか?対応は?

回答 ものすごい闇の奥深さを感じます。明らかに異常です。今回事件を正せなければ、あの大学と同じになります。いやなっています。労働組合は対応する必要があること、職員は声を出すことが必要です。理事会は横暴を止められず来ています。される人は去ってもいいでしょう。明るい未来はありえません。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職

岩澤さんのTwitterで

岩澤さんのTwitterで
> そんな脅しやカネで記事を取り下げると思うのは、カネのために動く人間だからだ。
とありますが、その工作資金のカネは決算に計上出来ないはずですが、どこから出すんでしょう?

> 壊されていた事務所のカギに関して、所轄の横浜・山手警察が迅速に対応してくれた。
とありますが、犯人は誰で、逮捕されますか?

> 危機感を抱いた職員が関係機関に告発したが、問題は世に出ることはなかった。
とありますが、関係機関とは? 何故世に出ることはなかったの?
 

大学はきちんと真相を職員に説明すべきだ

週刊文春に掲載された理事長の疑惑と先日イントラに掲載されたマスコミ等への情報漏洩の禁止の文章は何か関連があるのかと疑わずにはいられない
理事長の不正が本当なら罰しられるのは理事会側の人間なのではないか

大学はきちんと真相を職員に説明すべきだ
 
一時帰休について=分からない
定期昇給なしについて=納得できない

他大学の友人から連絡があり、文春の記事を読みました。

他大学の友人から連絡があり、文春の記事を読みました。

(会員でないと途中までしか読めません。すみません。)

今まで、どんどん職員がいなくなるのを見ながら憂いていましたが、今回ばかりは意見を言わせていただきたいです。学び舎のトップがこのニュースでは、本当に悲しいです。

同時にこの記事を書いた記者のtwitterも読んだ方がいいと勧められ、読みました。

もし、この記事とTwitterの内容が本当なら、学び舎のトップにいてはいけない人が現在そこにいるということになります。

法人の理事や監事の先生方にお願いします。昔そうであったように、自由で多くの職員が生き生きと楽しく働いていた女子医大に戻していただきたいです。ここ数年、良くないニュースばかりが世間を騒がせ、職員や学生、その家族の心痛ははかり知れません。
 
職場:=河田町本院
性別:=女
年齢:=40-49
職種:=医師

監事監査基準(規程集より)

ご意見:=監事監査基準(規程集より)

以下、抜粋

(監事の基本的職能)
第2条 監事監査の目的は、教育研究機能の向上や本法人の財政基盤確立などに寄与することであり、監事は、本法人の業務および財産の状況ならびに理事の業務執行の状況について、監査しなければならない。
2 監事は、いつでも、理事長、理事、評議員および本法人の職員に対して事業の報告を求め、または本法人の業務および財産の状況の調査をすることができる。
3 監事は、理事とはその職責を異にする独立した役員であることを自覚し、本法人の健全な経営と社会的信頼の向上に留意し、広く社会一般の負託と要請に応えなければならない。

第4条 監事は、本法人の業務もしくは財産または理事の業務執行に関し不正の行為または法令もしくは寄附行為に違反する重大な事実があることを発見したときは、理事長に対してその改善を求めるとともに、これを所轄庁に報告し、または理事会および評議員会に報告する。

第5条 監事は、理事が本法人の目的の範囲外の行為その他法令や寄附行為に違反する行為をし、またはこれらの行為をするおそれがある場合において、当該行為によって本法人に著しい損害が生ずるおそれがあるときは、当該理事に対し、当該行為をやめることを請求することができる。

(業務執行の状況の監査)
第11条 監事は、本法人の業務が、法令・寄附行為等に準拠して適正に執行されているかどうかを検証する。この場合、教学にかかわる業務については、日本国憲法、教育基本法、私立学校法、学校教育法、学校教育法施行規則、大学設置基準、医師法、医療法等の諸法令等ならびに本法人および設置学校における諸規程に留意する。
2 監事は、本法人の運営方針が建学の精神・理念および社会の要請に沿って中長期的な視点から決定され、理事の業務執行を含む本法人の業務がこれに基づいて適正に執行されていることを検証する。
3 監事は、以下の事項について確認すべく、業務執行の監査を実施する。
(1) 理事会決議および理事の意思決定が忠実義務や善管注意義務に基づいて適正に行われていること。
(2) 理事長および業務を執行する理事がその職務の執行状況を適時適切に理事会に報告し、理事会がその監督義務を適切に果たしていること。
(3) 理事長および理事が業務の内部統制体制を適切に構築し運用していること。

(理事長に対する提言・助言等)
第17条 監事は、本法人の健全な経営と社会的信頼の向上のために、以下の場合には、理事長に対して提言・助言を積極的に行う。
(1) 本法人に著しい損害または重大な事故等を招くおそれがある事実を認めたとき。
(2) 本法人の業務に違法または著しく不当な事実を認めたとき。
(3) 本法人の内部統制について重要な不備を認めたとき。
 
一時帰休について=分からない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない 

小児ICUの件驚きである。

小児ICUの件驚きである。いや収益の取れない科をやめることは、現体制では当たり前だろう。現体制は、現場の感覚からは、さんざん誤った対応や考え方をしてきているが(詳しくは労働組合報参照)、ようやく病院長も理事長批判の行動を起こし始めたか。これから、働く医師・医療職は、どのように行動していくのだろうか。さまざまな問題で、医療従事者の不足が起こっており、繰り返しの医療事故を起こしたことを反省し、医療事故を起こさない、安全で安心な医療環境の構築のために、今何ができるのだろうか?
 
職場:=大学本部
年齢:=50-59


過去の負債云々を理由にしていますが、まったく理論がかみ合っていません。

現在、病院事務職の新規採用が凍結されています。昇給も従来の半分、昇格もほぼ凍結です。そもそも、このような大学病院は他にあるのでしょうか。新規採用の凍結が決定された当時の目標の事務員数をすでに下回っていると思います。いつまで凍結を続けるつもりでしょうか。若い事務職の採用が何年もないため、将来に対する絶望感さえあります。

昨年度80億円以上の黒字を計上しています。当然新型コロナの補助金が大きく影響していると思いますが、この夏のボーナスを1.5倍に抑えた理由が全然わかりません。過去の負債云々を理由にしていますが、まったく理論がかみ合っていません。結果として、職員のボーナスをとんでもなく低く抑えた結果の黒字であるのに、今年度に入っても抑えるなんて信じられません。

毎月病院の黒字だの赤字だの収支の報告がありますが、夏と冬のボーナスの合計を12ヶ月で割って収支計算をしているのに、そのボーナスの計算はいったい何倍を計上しているのでしょうか?
昨年のベースで2.5倍なら理解できますが、予定のボーナスを払うつもりもないのに、赤字だからもっと働けと言うのは、マラソンで42Km走ればいいのに、あらかじめゴールを延長して、距離を50kmくらいにして、もっと走れと言ってるのと同じでしょう。
 
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=30-39
職種:=事務職

東京女子医大の現役医師が訴える深刻な労働実態

東京女子医大の現役医師が訴える深刻な労働実態
退職超過「診療に支障きたす事実ない」は本当か

https://toyokeizai.net/articles/-/429709

名門として知られる東京女子医科大学の付属病院で、今年3月までに医師が一斉退職した。東京・新宿の本院では約50人の内科医が去るなど、診療現場にさまざまな影響が出ている。東洋経済オンラインが伝えた医師の大量退職は、国会で取り上げられるなど、大きな反響を呼んだ。(参考記事:「スクープ!東京女子医大で医師100人超が退職」東洋経済オンライン2021年4月20日配信) 混乱の原因は、医師の負担が増える労働条件を一方的に押しつけた大学側の姿勢にあった。

一方、東京女子医大は取材を拒否しながら、本記事が配信された当日夜にウェブサイトで「東洋経済オンラインによる本学に対する偏向報道」という見出しを掲げ、内容を全面的に否定する声明を掲載している。

こうした大学の対応に疑問を抱いた現役医師たちが、新たに病院内部の状況を赤裸々に証言。一気に医師が退職した影響を明らかにした。

※東洋経済オンラインの記事を一部抜粋しました。詳細は上記URLからご確認してください。
個人的には、この記事を読む限りだと、取材協力した職員が特定されそうなのが、少し気になっています。
これを読まれた職員の皆様のご意見をお聞かせください。
 

職場:=河田町本院
性別:=その他
年齢:=20-29
職種:=事務職
一時帰休について=納得できないが仕方がない
定期昇給なしについて=納得できないが仕方がない
夏期賞与なしについて=納得できないが仕方がない 

全理事のここ5年間の給与をすべて開示しろ

全理事のここ5年間の給与をすべて開示しろ。
もちろんここ数年の業績をみれば、ボンクラ、もとい聡明な理事のお歴々は自身の責任を痛烈に感じて当然これまでの10分の1以下には減給しているでしょうから、それがわかれば他職員も一致団結して清貧を貫くことができるでしょう。
 
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=30-39
職種:=医師 

抑圧の支配構造に対して、一人ひとりが声をあげることが大切です。

抑圧するものと抑圧されるもの、このように本学の現状を表すことができると思います。このことは世界各地、そして日本でも起きていることが、現れているに過ぎない見方もあります。しかしながら、なぜ他の病院や大学で起きていないことが、本学で起きているのかを問うことも必要でしょう。人間らしい働き方が難しくなる現状を、抑圧するものがその考え方を変えることはありません。支配と被支配の構造を維持することが抑圧するものの考え方です。抑圧されているものが、現状に気づき、自覚し、身近な人と対話することが重要です。今の状況を脱するために、自分が抑圧する側にまわりたい気持ちが生じるかもしれませんが、決して抑圧する側にまわってはなりません。各自が異をとなえ、抑圧の支配構造に対して、一人ひとりが声をあげることが大切です。
 
性別:=男
年齢:=50-59
職種:=教育職

NHKスペシャル

NHKスペシャル。現場の看護師には敬服。しかし組織体制が、あまりにも悪い前提が隠されている。コマが足りなくなったから補充すればいいことを理事会は否定してないことも看護師不足の原因。また無謀な設備投資も原因。理事会は、自分たちの愚策を隠すには、好都合な番組。看護師さん、自分の命より大切なものはないから無理しないで。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=50-59
職種:=教育職

手当てが結局課税されている

臨時支給された3月1日の金額分が、3月の本給で課税されてひかれている。でも、保険はその分加算された金額から試算されており、普段より高くとられている。これって立派な詐欺ではないか?手当てが結局課税されているのは、おかしくないのか。
 
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない 

性別:=女
年齢:=40-49
職種:=看護職

今年の看護職入職者の基本給が3年目の看護職の基本給より高い

今年の看護職入職者の基本給が3年目の看護職の基本給より高いことが納得いかない。
 
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
職場:=東医療センター
性別:=女
年齢:=20-29
職種:=看護職 

特別臨時手当で懐柔されてはいけない!

職員が求めるべきは、定期昇給であり、定期賞与であり、昇進・昇格です。
少しばかりの手当が出たからと言って安堵してはいけない。

確かに、苦しかった家計の足しに僅かでもなったことは確かです。
しかし、これはここ数年にわたって教職員をこき使って労働力を搾り取り建物投資に回したことが原因。
無理な建て替え構想や移転構想をゴリ押しした経営層こそ身を削るべきです。

経営層への厳しい目を緩めてはいけないのです。

医療従事者特殊勤務手当支援事業によるコロナ手当について

以前(9月30日までの分)の支給では、夜勤1回につき、日付を跨ぐ勤務のため2日分(6000円)支給されていました。それが、今回の支給対象では夜勤1回につき3000円で1日分になっていました。
東京都の提示した条件では、3000円/日の支給となっています。令和2年12月22日に実施要綱が変更になっていますが、変更になったのは期間だけで支給対象の変更はされていません。
病院の給与規定を確認いたしました。すると、夜勤1回につき1日分(3000円)とコロナ手当の規定が改定されていました。前回支給時にはこんな規定ありませんでした。
日勤では8時から16時や17時半までと約8時間の労働に対して、3000円支給されます。しかし、現在の規定では夜勤17時〜8時半の15時間半の労働でも日勤と同額の3000円しか支払われません。おかしいと思います。
どうせ都から支給されるお金です。経営部や理事会はなぜ職員に対して労働の対価を払おうとしないのですか?
給与規定の改定を求めます。正当な対価を得られるようにしてください。
ボーナスの時のようにマスコミから叩かれないと動かないんでしょうか?マスコミによって報道され、新規患者の減少や新規入職者が減少し、経営困難につながっているとわからないんでしょうか?職員を大切にしないこの病院で働いていることを恥ずかしく思います。転職を考えています。

労働組合の方へ
労働条件、昇給の実施、正当な給与の支払いを求めるストライキの実施を検討してください。切に願います。
4月に入職する新入職員より給料が低い現職員が大勢いることをご存知でしょうか?
自分より給料の高い1年生に指導する気持ち、惨めです。何より大切にされていないことを実感します。
 
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
 
職場:=大学本部
性別:=女
年齢:=20-29
職種:=看護職 

法人は、職員を大切に思っていない。

企業組織に於いて労働力は、組織を動かすための「ヒト、モノ、カネ、情報、時間」の5大要素の1つとして、重要視されています。
賃金についても「労働還元率」という指標で、どれだけマンパワーに対して賃金で還元しているかをモニタリングし、それが企業の品質評価にもなっています。

しかしながら、本法人に於いては如何に人件費を抑え込むか、のみに注力して職員に対して「スタッフを大切にする」と言った思いは全く感じません。
いつも「性悪説」でしか職員を見ていない、その視点はこの大学をこの病院を患者を家族を守ろうと日々奮闘している職員の気持ちとモチベーションを蔑ろにしています。
きっと今の経営陣は、猜疑心が強く、人を信用せず、常に人を悪しく疑って見ているのでしょう。

そのような視点でしか職員を見られないからこそ、あのような文章が平然と発信できるのだと思うのです。
あの文章には、職員に対する「愛」は感じられません。
なにが「至誠と愛」だ!
と思わずにはいられないのです。

恐らく経営層の世代交代が進まないと変わらないのでしょうね。

「全てをぶっ壊しても黒字になればいい。」
後は焼け野原になっても自分の偉業だけが輝けばいいと思っているのでしょうね。

毎回こんな事で報道や患者さん達に騒ぎ立てられる事のないように運営側はして欲しいです

 東京女子医大の文書には、新型コロナウイルスに感染した原因が法人からの自粛要請に反する行為だった場合は「休業中は無給」などと書かれていて、労働組合が撤回を求めています。

 「どこで感染したかなんて明確には分からないパターンが多いなかで、私だったら即座に女子医大辞めますね。ばかにしてますよ」(立憲民主党 吉田統彦衆院議員)
 
 「文部科学省としては、同大学に対して労働基準法等関係法令にのっとり、疑義が生じないよう適切に対応すべきであると指導しました」(鰐淵洋子文科政務官)

 24日の国会で文科省は、一般的に発熱などがある職員を大学側の都合で休ませる場合、労働基準法では休業手当を支払うよう規定されているなどとして、東京女子医大に対して適切に対応するよう指導したことを明らかにしました。大学からは、「適切に対応する」と回答があったということです。

適切に対応するとありますが、職員宛にきちんと説明文でも配布されるのか疑問です。
毎回こんな事で報道や患者さん達に騒ぎ立てられる事のないように運営側はして欲しいです。

再びマスコミを騒がせている本学の誤った対応について、どのようにお考えですか?

質問 再びマスコミを騒がせている本学の誤った対応について、どのようにお考えですか?

回答 まず1つ前の掲示板の内容をお読みください。そのうえで、あいかわらず、傲慢な経営手法が続いており、現場でコロナ対応に当たる職員だけではなく、あらゆる職員に対して、本当にひどいメッセージです。「言うことを聞かない奴は罰するぞ」という発想は、理事長・学長・本院院長にしみついていることが、残念ながら事実です。これは今に始まったことではありません。現体制になってずっとです。前理事長交代のクーデター後から、今まで一貫して続いていることです。

今回の事態に対して、前回同様にリークした職員を探せという命令が管理者に出る可能性があります。こうした対応がとられた場合、現場の職員は断固拒否して、絶対に協力せず、仲間を守ってください。私は、正しい行動をした職員を守ることが、唯一本学職員がするべき行動と思います。

このようなときに「犯人探し」という形で、組織は動きますが、犯人ではありません。正しい行動をとった人と考えるべきです。「マスコミに流さなくても」という考えや、テレビ取材に応じたことに反対する意見があるのも理解します。ただそれは、通常の組織の場合です。うちは、通常の組織ではなくなっています。職員の労働環境、給与、教育環境をないがしろにしても、新病院を建てること、至上命題としている組織は異常です。外圧がなければ、独裁経営が続きます。これは賞与のことがありましたので、みなさんにご理解いただけると思います。

もう一転別の見方を提示します。経営統括部は、理事長直結ですが、理事長の具体的な指示ではなく、理事長に忖度した文書を経営統括が作り職員に流した可能性です。忖度した対応は、今の政治状況に詳しいですが、人事権を握られたり、ハラスメントが起きているときに、起こりやすい状況です。積極的に協力することで、自分の評価を上げたい人もまれにいますが。

理事長は、経営が改善したあかつきには現場に還元といっていますが、そんなことはありえません。今までの賞与水準に戻る程度です。現体制での問題だけではありませんが、うちの組織は他大学に比べて低賃金であり、そうした改善をしてこなかったために、給与は永遠に低いままです。昔は、1990年代前半までは賃金が上がる傾向にありましたが、それ以降の給与水準は低く、若い方から40代までは苦労が多いと思います(これは本学の問題より政権の問題です)。

若い人は職場を早めに変えるか、変えない場合には労働組合に入ることをお勧めします。これは以前の掲示板にありますが、労働組合員でない人の意見は聞かないと経営陣が示しているからです。職員に対する説明会があったようで、どのような弁明があったののかは、皆様の投稿に期待いたします。
 
職場:=大学本部
性別:=その他
年齢:=40-49
職種:=その他

新型コロナウイルス感染症に罹患等して休業する場合の処遇についてが出されました

新型コロナウイルス感染症に罹患等して休業する場合の処遇についてが、出されました。ルールを守る必要があることは当然理解します。最後のアスタリスクの文章は問題があると感じます。弁護士のお墨付きがあるようですが、果たして、世間の多くの弁護士がこのように考えるのでしょうか。とくにアスタリスクの内容が、ルールを守らない職員以外も指している気がします。そうした疑念を挟んでしまうのはわたしだけでしょうか。労働組合の弁護士さんに、ぜひ見解を伺いたいです。理事会の対応が妥当かは、世間に判断してもらわないとわからないようです。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=30-39
職種:=教育職

これが本当なら、

真偽は定かではないが…


これが本当なら、また職員食堂のように情報公開無しなのでしょうか。
東医療の時みたいに公開しないにしても、そこで働く職員がクラスター感染しないとも限らないのではないでしょうか?
それとも混乱を防ぐべく、そして工事の進行を妨げる事もなく
消毒しないで黙認するのでしょうか?
 
一時帰休について=納得できないが仕方がない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
 
年齢:=30-39
職種:=その他 

先月も多くの看護師が辞めて行きました。弁護士の話した看護師の補充はどうなっていますか?新人の指導やフォローを行う余力もすでに現場にはありません。

理事の方々は、現場の状況をどの程度ご理解されているのでしょうか?
今年度、昇給なしやボーナス問題が浮上してから職員の離職が後を絶ちません。先月も多くの看護師が辞めて行きました。理事側の弁護士が言った、辞めたら補充すれば良いと言った発言がありましたが、辞めて行っても補充はありません。多くの看護師が退職しても、病床数は変わらずで、今も懸命に働いているスタッフは、肉体的にも精神的にも疲弊しています。弁護士の話した看護師の補充はどうなっていますか?
 
7:1看護は維持できているのでしょうか?
このままだと来年度を迎える前に辞めていくスタッフは更に増えていくと思っています。
病床を維持すれば患者の安全も守れず、事故が発生するリスクが増すと思われないでしょうか?
人手不足で新年度を迎え、来年度新しい職員が入ってきても誰が新人の指導やフォローを行うのでしょうか?そのような余力は、すでに現場にはありません。人員が補充されても、教育が行き届かず結果辞めていくという負の連鎖になるだろうと感じています。
「ここに残れば地獄」と聞いたことがありましたが、すでに現実になってきたと痛感しています。
先日届いた募金の協力についても愕然としました。理事長は、まず懸命に働いているスタッフにせめて何か一言、感謝やこのような現状にしているお詫びはないのでしょうか?
職員への募金の協力?? 125周年向けた事業の計画?
未来を見据えた計画よりも、現状に目を背けるつもりでしょうか?
募金の募集要項に役職により割り当てられた口数の目安が記載されておりますが、理事長をはじめ理事の方々の記載はありませんがとても気になりました。給料について、昇給なしそしてボーナスの削減で職員を困窮させているのに、更に募金なんていう余裕はありません。また、お金がないと言いながら職員一人一人への募金の要請の書類などにどの程度の経費がかかっているのでしょうか?無駄です。職員の怒りをかっていると思われないのでしょうか?本院ではないので、豪華な理事長室について把握していませんが、まず理事の方々のお金の使い方にも疑問を感じています。

一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
職場:=東医療センター
性別:=女
年齢:=30-39
職種:=看護職 

結局は理事会の姿勢が問われている。

新型コロナウイルス感染症の拡大で、本学でも小学校休業等対応助成金が申請されているが、申請書の不備で助成金はおりてないはずだ。このお金を理事会がどのように使うか監視が必要だ。一時帰休など強いられた職員の給与補填などに当たるべきだろ。またお金の話では、寄付金要請に憤っている人も多いだろう。労働者の環境や異常な人件費削減を推し進めている理事会が、また愚策で費用を無駄にするからだ。コロナ対策、学生支援にも確実に使用されれば、気持ちを寄付にしたい人もいるが、結局新病院しかあたまにない理事会にはうんざりだろ。新病院は必要なのは間違い無いが、結局は理事会の姿勢が問われている。
 
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=50-59
職種:=教育職

また、PCR検査(自費)の通知が来ました。

また、PCR検査(自費)の通知が来ました。
希望制の体裁ですが、部署によってはほぼ強制です。

クラスターを出したくないなら、
法人が費用負担をすべきではないでしょうか。

紙面には希望制と書いておいて、
実際は口頭で強制されるなんて、おかしいと思います。

(社会において必須でない検査を個人負担で課して、
それをしないことでネガティブな処遇を与えるのは法律違反です)

医師の労働時間・労働条件の変更の件について

 昨日、医局で来年度からの医師の労働時間に関して質問が出ていましたが、はっきりわかっている医局員がいなかったので質問です。
確か2年前に、現在の医師の研究日を含めた労働時間を週単位で本務先での労働時間にして、給与は据え置きにするかもしれないと連絡があり、2年間の猶予を置くとなっていたと思います。もうすぐその2年になると思いますが、これが本当なら当院の医師は大変過酷な労働条件になると思います。
公的病院でさえ週休2日で、半日や1日の外勤日を認めているのに、当院がそのような改悪をして、不当労働行為にならないのでしょうか?
関連施設を含め、若い医師の離職が続いている中、医師の安定確保が可能となる試算はできているのでしょうか?

夏期賞与なしについて=納得できない
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
 
職場:=河田町本院
性別:=女
年齢:=30-39
職種:=医師 

看護部のホワイトボードに回答されている前残業の件で、

理事会ではなく、看護部への意見で申し訳ありません。
看護部のホワイトボードに回答されている前残業の件で、
違法なことに対してはすぐに改善させなくてはいけないに、
そのような回答がまだありません。
最新の質問者は、
「今後はナーススケジューラーで残業時間として申請していいですか。」
とあります。
それに対して、「はい、申請してください」と答えればいいのに、
「まずは、「始業前残業」を把握する意味でも、師長へ申請してください。」
とはどうゆうことですか?師長次第?違法ですよね!

その以前の前残業の質問にしても、
「全部署の前残業状況を確認した上で、師長会で検討し、方針を出したいと思います。」
とあります。
で?どういった方針になったのですか?
というより、そもそも違法ですよね!
どうして看護部として「申請してください」と回答しないのですかね。
労働基準監督署にみんなで行きましょうか。
 
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
職場:=河田町本院
性別:=女
年齢:=20-29
職種:=看護職 

年度末に1か月分程度の期末調整手当が出ることを期待しています。

組合も一部の職員も勘違いしているようですが、下期賞与1.5か月分というのは少なすぎます。
まず、昨年度の賞与発表時に上半期の収支は6億の赤字だと言っていましたが、通年では48億の黒字となっています。
今年度は上半期で18億の黒字のようです。通年では一体どのくらいの黒字になるのでしょう。
補助金をもらっておいて多額の黒字を出すというのは許されるのでしょうか。
少なくとも他の医療機関のように昨年度と同等の賞与は出すべきでしょう(通年で考えるため3.5か月分程度)。
また、無知なのか隠し立てしているのか分かりませんが、補助金については千葉県では令和3年3月末まで、東京都では12月末まで出ることが決定しています。
もし、緊急事態宣言が出て5月並に患者数が減っても、昨年度以上の黒字は確実でしょう。
理事会は東医療センターの移転のために留保を考えているのでしょうが、今回いただく100億近くの補助金はそのための補助金ではないため、不正流用だと言われても仕方のないことです。
年度末に1か月分程度の期末調整手当が出ることを期待しています。
 
一時帰休について=納得できない
定期昇給なしについて=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない
職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=事務職 

学生への丁寧な教育活動が、今後も続くことを願うのみです。

質問:11月4日組合報が掲載されました。大学と労働組合の交渉について、どのように考えていますでしょうか?

回答:どうやら同じ弁護士さんが、交渉にあたっているようですね。以前の交渉(夏賞与)での問題点は、この掲示板や組合報に詳しいことですので、ご存じない方はご覧ください。理事会の代わりに弁護士が交渉しているのですから、その意見は、理事会の意見と受けとめるべきでしょう。理事会は、新病院建設を絶対命題としており、そのため労働者の生活をないがしろにする可能性があります(ないことを願いますが、新校舎6階、7階へのお金のかけ方みれば、また繰り返しそうです)。もし労働者の生活を大切に考えた対応がとられるならば、私の考えは誤りであったことが、後日証明されますので、みなさんで管理者から提供される理事会の情報を注視しましょう。
 具体的には、コロナ禍で困難な状況対応に当たっているすべての病院職員、緊急事態にありながらも、これまでと変わらぬ教育活動を続けている先生方、あらゆる職員に敬意を示し、借り入れても他大学同様賞与2か月程度の判断がされれば、理事会は労働者の生活を大切に考えたと判断できるでしょう。

 もう一点組合報で、気になるのは、組合員以外の問題提起を理事会が受け止めない姿勢です。このことの対応は、やはり組合の数を増やすしかありません。特に看護職、若い看護師さんたちは、組合に入ることを進めますし、管理者に入会を求めたほうがいいでしょう。なぜならば、看護部長をはじめ、看護の代表者は、理事会にはいないと思います(確か評議員も)。病院代表は、病院長理事ですから、現場の意見が無視されたことは、夏の賞与対応で明らかでしょう。また労働組合は、労働者の権利に対する学習会を行い、働く人の権利意識を高める必要があります。なぜ若いと書いたかといえば、看護職に限らず長年勤めている人は、今後出る退職金があるので、そうした行動をとらずに、ことを見守ってしまう傾向があります(誰にでもおこりえるでしょう)。他の職種の方は、組織の希望が小さいので、行動をとりずらいですが、働く人の権利を考えていけるといいでしょう。
 現場を支えているのは、若い皆さんです(年齢で区切るつもりはなく固定観念に支配されない意味の若い、程度にお受け取りください)。医療者特に数の多い看護師さんが、権利意識を高め、行動できるような支援をしていく必要があります。

 一点看護師さんたちは気を付けることがあります。これまで他大学ではありえない、看護師とそれ以外の職種の賞与差がありました。このことに看護師さんたちは、複雑な思いがあったと思いますが、行動はとっていません。万が一冬の賞与も、そのような対応がとられる場合には、声を上げる必要があります。管理者の皆さんは、この尋常でない対応が続いていることが、現在・将来の就職希望者に影響を与え続けていることを認識すべきでしょう。

 コロナの助成金などは、理事会としては必要な費用の獲得に動いています。十分ではありませんが、一定の評価はできるでしょう。今後も継続的な対応をとっていただけることを望みます。

 最期に組合報以外ですが、将来を考えると教育の質低下が確実に起こりそうです。先生方からの情報によれば、教員採用の https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekTop に、ほとんど女子医大の公募が出ていないとお聞きしています。もちろん本学法人HP採用情報にも。今年度に入り退職者や退職意思を示している人が出ているにも関わらず、その公募が出ていないようで、今前にあり得ないことのようです。乱暴な人員削減計画が進行しています。普通なら同窓会などのOGOB組織が黙っていないわけですが、私たちの組織は、一体化しているので、同窓会組織には期待できないですね。両学部が大切にしてきた学生への丁寧な教育活動が、今後も続くことを願うのみです。
 
職場:=東医療センター
性別:=男
年齢:=50-59
職種:=教育職

締め付けばかり増え、「少なくなっていく職員の力をどう使うか」には 全く関心がないように思います。疲弊しています。

職員向けの感染兆候発症時のマニュアルが改定されました。
たった1回、なにかしらの兆候(鼻汁、咳嗽、微熱)があっただけでも、
2回の検査を本院で受けなければ、1週間出勤ができません。
2回受けるのにも、数日かかります。仕事が回りません。

検査が自費なのかどうかも、記載されていませんが、
保険適用だとしても、5400×2で10800円の持ち出しです。

自宅待機の間に対応可能な業務もありますが、
自宅待機の期間にどの程度給与が支払われるかも不透明です。
労働基準法第26条を考えると、
すくなくとも自宅待機中の休業手当は出されるべきではないかと思いますが、
労働組合では法人とどのように交渉しているのでしょうか。

感染対策に伴う休業対応には、補償、検査費用などについての説明もセットで
アナウンスが必要だと思います。

このままでは、多少の微熱があっても、無理して申告せずに
出勤する人も増えてしまうのではないでしょうか。

締め付けばかり増え、「少なくなっていく職員の力をどう使うか」には
全く関心がないように思います。疲弊しています。
 
職場:=大学本部
性別:=その他
年齢:=40-49
職種:=その他

経営側が建物ではなくスタッフに目を配り、全職員が経営を上向かせるように努力できる環境、労働条件を提示してスタッフを大事にする姿勢こそが、

夏季賞与不支給から一転、1.0ヶ月の支給となったのはありがたいと思いましたが、夏季賞与の支給の調査(下記サイト)では1459病院のうち不支給は0.8%、減額は27.2%、その他は昨年度同等または増額との調査結果がありました。コロナ渦の中でどの病院も厳しい状況であるにも関わらず、多くの病院がスタッフにそれ相応の賞与を与えていることに驚きました。

経営側の視点がどこに向いているかによってこんなにも差が出るものなんだと。

オリンピックが決まった2020年は建築費の高騰が言われていました。そのことを考慮すれば2020年に新しい建物を建築することや、リウマチ痛風センターの外壁の塗装などは時期をずらすこともできたはずですし、無駄の多い予算が組まれていたのではないかと思います。特にリウマチ痛風センターの外壁は西A,B病棟に比べれば綺麗であったのになぜ塗装をし直したのでしょうか。経営陣は湯水のように建物に金をかけ、足りなければスタッフの給料を減額する。世論に叩かれなければスタッフのことはどうでもよかった。今となってはそんな風に思います。

どんなにきれいな建物を建てようとも中で働くスタッフがいなければただの箱物です。

一労働者として病院経営が厳しいことは理解をしていますし、少しでも上向くようにとても微力ですが努力をしています。経営側が建物ではなくスタッフに目を配り、全職員が経営を上向かせるように努力できる環境、労働条件を提示してスタッフを大事にする姿勢こそが、理事長の言うオール女子医大でこの危機を乗り越えられるのではないでしょうか。

夏季賞与の件で理事会の姿勢に変化があったと組合だよりに掲載されていました。今後の理事会の姿勢は今まで以上に労働者、組合、そして世論に注視してされていくと思います。


https://www.kango-roo.com/work/7797/
日本病院会・全日本病院協会・日本医療法人協会「新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況の調査(2020年度第1四半期)」を基に看護roo!編集部で作成


定期昇給なしについて=納得できない 
夏期賞与なしについて=納得できない
一時帰休について=分からない 
休業要請と補償=罰則付きで休業命令をするべき(一部補償有り)
大企業返済不要出資=体力のない中小企業にこそ手厚い融資必要 
COVID-19の政府対応=どちらからといえば評価しない
COVID-19の職場への影響=ある程度影響している
安倍内閣=支持しない
安倍内閣理由:=森友・加計学園、公文書偽造、検事総長の件など闇の部分が多すぎる。コロナ渦でも官民談合が疑われる事例もあるが説明されていない。権力に寄り添う人、会社だけ得をする構図には納得できない。 
 
職場:=河田町本院
性別:=その他
年齢:=30-39


『人数が少なくても教育の質を下げないように奮闘する』は欺瞞。経営上やむを得ず、学生に不利益を生じる決定をしたのであれば、 契約者および雇用者に事情を説明すべき

定期昇給なしについて=納得できないが仕方がない
一時帰休について=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない 
COVID-19の政府対応=どちらからといえば評価しない
COVID-19の職場への影響=大いに影響している
大企業返済不要出資=分からない
休業要請と補償=休業要請の必要ない 
安倍内閣=支持しない
 
職場:=大学本部
性別:=女
年齢:=40-49
職種:=教育職
 
大学は、理事会で『医学部看護学部の教員数の削減』、
同時に、『退職教員の補充は行わない』ことも決定したようです。

現在のカリキュラムは教員の現在の定員数をもとに
つくられており、
本学はチュートリアルをはじめとする少人数教育を
大切にしてきましたが、
教員数の削減により、難しくなります。

実習でも、
教員が一人の学生にかけられる時間が少なくなるので、
現場の負担はかなり大きくなるでしょう。

このような、教員数の削減について
学生や父母にいまだ通知されないだけではなく、
学費および施設費の大幅値上げがありました。

学費変更の連絡だけではなく、
このような人員削減によって生じる
教育体制の変化についても通知するべきですし、
在校生に対して、
入学時の公開情報より教育の質がさがることを
しっかり説明すべきだと思います。

お得意の
『人数が少なくても教育の質を下げないように奮闘する』は、
しっかり大学教育をしたことがある人間ならば、
また、臨床で、丁寧に患者に関わった経験があるならば、
ただの欺瞞であることがわかります。

少なくとも、
経営上やむを得ず、学生に不利益を生じる決定したのであれば、
契約者(学生、保護者)および雇用者(教員、医療者、事務員)に
事情を説明すべきだと思います。

7月の理事会議事録に借入金の金額が記載されており、借り入れ金額からみると借り入れの約14%

質問: 7月の理事会議事録に借入金の金額が記載されており、賞与の決定をしたことが書かれていました。賞与は、1か月となりましたが、このことをどのようにお考えですか?

回答: 労働組合の組合報によると支給対象者が、4162人であり、平均支給額は、292,746円となり、総額約12億2千万円程度となります(プラス今年度新入職員寸志)。

 借り入れ金額からみると借り入れの約14%(寸志入れて多く見ても20%)を賞与に使用したことなります。コロナ対応下で、収支の赤字もありますので、借り入れをすべて賞与にできないのは理解できます。
 しかし私が気になっているのは、賞与の金額案が6案以上あった中で、1か月となりました。別の案が、どのような案であったのか、詳細は記載されていません。他大学の状況を見ると、2か月程度の支給をしたほうが、教職員の労を報いることができたのではないかとも考えられます。ここは経営判断があったようですが、どのような判断があったのか、理事長は説明するべきでしょう。
 
 また駒発言の方は、まだ法人の仕事をしているのでしょうか?もし理事会がその方を変えない判断をしているのであれば、いつでも同じことは起きますね。教職員を大切にしない姿勢は、以前から変わらないので、今の職員の賞与を削り、未来の学生から多くの学費をとることで、新病院を建設することを進めている可能性があります。新病院建設は、進める必要がありますが、致命的な愚策により、新病院が建っても、それは取り返しのつかないことになるでしょう。

 やはり理事会の監視を続けないと、誤った経営判断(コロナ下での理事長室6億、旧膠原病リウマチセンターの茶色への塗り直し、教員数の削減)を続けることになります。理事長室や茶色への塗り直しは、財政的に潤っていれば、問題なかったのですが、コロナ下でもそうした判断を変えられないことが、今のうちの理事会です。

職場:=大学本部
性別:=男
年齢:=40-49
職種:=教育職

常に内外からの理事会の監視がなければ、いつでも賞与ゼロと同様のことは起きる

会員制医療情報サイトm3に、本院副院長が、コロナ対応に関する本学の取り組みを紹介。現場の声を反映しており、救われた気持ちに。しかし次の文章「こうした状況の中で、各方面に頭を下げて、なんとかボーナスを支給できる目途も立ちました。マスコミや世間の声に押されて、払うことに決めただとか、そういうことではない、というのはご理解いただきたいところです。」については、思うところあり。本来「コロナの状況とはいえ、賞与ゼロの決定は、明らかに理事会の判断ミス。またその後の労使交渉での駒発言の影響は、現場の苦労を泡にするものであり、職員の怒りの声は当然である」が適切。

 副院長もそのような気持ちにあったと思う。広報に関する通達があったように、正式ルートを通すと、前者のようなコメントになってしまった、もしくはされてしまったと考えておく。賞与の通知があったが、教職員の様々な声を受け、また労働組合も交渉を重ね、理事会も対応したことには感謝。しかし常に内外からの理事会の監視がなければ、いつでも賞与ゼロと同様のことは起きることで文章を終える。
 
職場:=東医療センター
性別:=女
年齢:=50-59
職種:=医師

荒川区医療従事者特別給付金は東医療センター職員全員対象ではありませんか。病院側もとれるものは全力でとっていただきたいです。

荒川区医療従事者特別給付金は東医療センター職員全員対象ではありませんか。
食堂の横がすぐに発熱外来の待合スペースで、感染リスクを職員全員が背負って毎日働いています。
診察を直接しなくても、椅子・ドアノブなど消毒作業などで接触リスクも十分あります。
荒川区が支援負担してくれて、金銭的にもう余力がない大学側には負担がないありがたい公費なのですから、最大限活用していただきたいです。
対象となる職員も病院側が判断して良いとなっています。とりあえず申請して断られるなら仕方ないですが、最大限努力していただきたいです。
私たちも病院長から言われるコストや、保険点数を必死に拾って逃さないようにしています。病院側もとれるものは全力でとっていただきたいです。
もう大学が職員に出せる資金力がないのはわかりましたが、せめて職員のために使える制度は無駄なく利用して、職員のモチベーションが上がるような対応をしていただきたいです。

定期昇給なしについて=納得できない
一時帰休について=納得できない
夏期賞与なしについて=納得できない 
COVID-19の政府対応=どちらからといえば評価する
COVID-19の職場への影響=大いに影響している
大企業返済不要出資=大企業にも中小企業にも返済不要な融資が必要
休業要請と補償=分からない 
安倍内閣=解らない

職場:=東医療センター
性別:=女
年齢:=20-29
職種:=看護職 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 私含めて周りのほとんどのスタッフは泣きながら帰宅する毎日です(今も)。
  • 強制の研修などは休みではなく、出勤扱いにしてほしい。
  • 強制の研修などは休みではなく、出勤扱いにしてほしい。
  • 強制出勤での研修が1休に当てられ、その分の代わりの休みがない。
  • 強制出勤での研修が1休に当てられ、その分の代わりの休みがない。
  • 他病院から学んでください。
  • 無能無責任な経営のツケを職員におんぶに抱っこですか。
  • 自分の気持ちに余裕がないのに患者さんに優しくなんか出来る訳がない。
  • ICカード改善点:病棟に設置してほしい
プロフィール

joidairouso