アンケート

トップが何一つ責任を取らず、職員に負担だけ強いています。

トップが何一つ責任を取らず、職員に負担だけ強いています。
J C I関連も職員にはかなりの負担です。
患者だけでなく、職員にもそっぽを向かれないよう襟を正して頂きたい。

もはや人間としての扱いを受けていない気分です。

本件とは関係ないですが、私は職場で肝炎などの感染のあるかもしれない血液検体を扱うことがあります。
感染がありかなしかも知らせてはもらえません。

最近、技師の方は危険手当というものをもらっているということを知りました
もし感染しても、私の安い給料で治療費を賄っていかねばならないのでしょうか?
7割の価値しかない人間は、のたれ死ねばいいのでしょうか?
もはや人間としての扱いを受けていない気分です。

この大学は職員の給与及び賞与を削り理事達の報酬をしっかりと守る。

理事達の能力のなさ、無駄ばかりの経営を行った原因で経営が悪化した。その責任は経営陣にあるにも関わらず職員に責任を取らせる。他の営利団体では経営が傾いた場合、役員のの報酬削減、賞与の自主返納など経営トップ及び役員達がが身を削った上で従業員の給与削減や人員削減を行う。しかし、この大学は職員の給与及び賞与を削り理事達の報酬をしっかりと守る。これこそがこの大学が掲げる至誠と愛の結晶なのでしょう。

理事長・役員がまず先頭に立って自らの大幅な報酬の削減、賞与の全額自主返納を始めていきましょう。

長期的な目で見て法人存続のための減額昇給を謳っているが明らかに間違った目で物事をみている。

赤字を垂れ流しているのは病院で大学は至って健全経営。理事長は事あるごとに財布は同じだからというが赤字を垂れ流している病院の責任を押し付けないでもらいたい。しかも、赤字を垂れ流しているにも関わらず看護師だけがボーナスで優遇されている。それだけ看護師が重要ならco-medical業務も事務も教育もすべて看護師がやればいい。報酬を余分にもらっている以上、その他の職種の業務を負う義務があるはず。我々教員は研究費を獲得すればその3割が間接経費として大学の収入となる。その間接経費は本来その研究遂行に必要なことに使用されるはずであるがそのような実態はなく、何に使われているか一切不明である。一部の大学で採用されているような間接経費の一部を給与に還元するなどしてもらいたい。

人事院勧告の給与水準から遠くかけ離れた本学の教員に対する給与に我慢していたが減額昇給、手当ての改悪にはもう耐えられません。教員はその低い給与で時間外手当なし、時間外での強制労働、週6日勤務を強いられており、もはや大学の奴隷である。今年度中には他の大学に移動します。

従業員に対する報酬をケチるところに優秀な人材は集まりません、優秀な人材はどんどん流出し、結果として医療レベル、教育レベル、研究レベルの低下を招き長期的な目で見た場合、経営をどんどん悪化させていくことにつながる。長期的な目で見て法人存続のための減額昇給を謳っているが明らかに間違った目で物事をみている。法人と職員が共倒れになるというが心配しなくても経営が立ち行かなくなったら他の大学法人が買い取り、女子医大の名前がなくなるだけで職を失う職員は少ない。大学の名前をなくしたくないという、私利私欲のために職員に責任を負わせているだけである。なくなって新たな大学法人となった方が職員にとって幸せ。

理事長が職員に対し「至誠と愛」をもって対応していないのに我々職員には「至誠と愛」をもって仕事することを命じる。理事長が思い描いて職員に対して実践している「至誠と愛」が現状なら職員も学生・患者に対してそのような態度で接すればよいのではないだろうか。理事長が実践してる現状の「至誠と愛」こそがこの言葉の本質なのでしょう。

もう女子医大にがっかりです。来年辞めます。

もう女子医大にがっかりです。来年辞めます。

夜勤専従でもないのに、夜勤回数がとても多い職場(7~10回/月)。辞めどきかと思う。

夜勤専従でもないのに、夜勤回数がとても多い職場(7~10回/月)もやっており、慢性疲労が抜けない上に、昇給もカットなんて本当にやっていられない。
辞めどきかと思う。

ボーナスをへらすのだけは、やめてほしい。

ボーナスをへらすのだけは、やめてほしい。不採算の部門を精査してようだが、まだあるはずだ。本学に鍼灸などいらない。

大学が

大学が潰れるよりはマシかと

長年勤めてきて、年収が毎年下がり、モチベーションが下がりす。

給与、ボーナス、手当、福利厚生など全てが悪くなる一方で、長年勤めてきて、年収が毎年下がり、モチベーションが下がりす。
もう少し経営も、経営のプロを呼んで、お金計算のみでなく、思いやるのある女子医大を目指してほしいです。
赤字の経営は、理事会に責任があるのですから自分達の減給なども職員に提示してください

定期昇給の説明は毎年、理事長自ら行うのが慣例

定期昇給の説明は毎年、理事長自ら行うのが慣例なのにしないのには理由があるのか。
定期昇給完全実施しない時にこそすべきだと思う。

50%減額昇給でも仕方がないが、しかしそれは責任者が責任をとるというのが常識的前提条件

 本当に経営が苦しいというのならば、50%減額昇給でも仕方がないが、しかしそれは責任者が責任をとるというのが常識的前提条件でしょう。
 二度もの特定機能病院の取り消しをされ、その責任は現場で働いている教職員なのでしょうか?
経営責任者が経営の責任を放棄して、そのツケを全て部下や教職員に押しつけるとは、恥を恥とは思わないのでしょうか。これでは教職員の働く意欲が下がる一方だし、このままずっと多くの教職員に軽蔑と憎悪に思われ続けていいのでしょうか。
たとえ部下の責任であったとしてもトップが責任をとる、それは近代民主主義国家でなくても当たり前の常識でしょう。まるでどこかの独裁国家のようですね。

こんな病院、なくなっちゃえばいいのよ

こんな病院、なくなっちゃえばいいのよ!

家族の協力が有っても厳しすぎる

一人身ならともかく、家族養うのにこれでは家族の協力が有っても厳しすぎる。

一度潰れた方がいいんじゃないでしょうか?

吉岡一族退陣してください。病院の癌です。
定期昇給なくなるし新人採用もしないとか、若い人にばかり負担が重くのしかかる。どこの企業も景気が悪くなったら給料多くもらってる管理職や年寄りからクビにするのにこの病院は若い人の首を締めてばっか。将来が見えない。女子医大、一度潰れた方がいいんじゃないでしょうか?

医療の質の低下にもつながります

削る場所がそこですか?
医療の質の低下にもつながります。

職員を軽視するのもいいかげんにして下さい。

理事会の方々の報酬は

理事全員の資産、報酬、待遇を公開すべきである。

理事会の方々の報酬を大幅に削減してでも他の職員へまわすべき。

他大学と比較しても低給料でやってられない。
女子大やめて共学にしたらいかがですか?
今どき流行らない。

以下については必ず対応いただきたいと思います

財政を建て直すことが経営陣の役目でもあるので、打ち出した方向性には従うしかないと思いますが、職員が身を削る処置であるため、以下については必ず対応いただきたいと思います。
㈰理由は財政難との事だが、何年計画で黒字化とするのか。(未定や5年超えという一般企業と大きくかけ離れた回答ではなく、例えば2年間の辛抱などといった期間を限定してほしい)
㈪上記㈰より、定期昇給の廃止などは「一時停止」とすべき。
㈫今回の処置において、運営責任のある経営陣がそれ以上の処置を自分達にしているのか、していないのか。例えば黒字化するまでの全期間給与50%減など。職員以上の処置をしない場合はその理由を教えてほしい。
㈬上記㈰が期間中に達成できない場合の責任について明確にしてほしい。つまりは、失敗したから次の処置、次も失敗したから更なる処置、を続けるなんて、遊びではないので、職員の身を削る処置を講じるのであれば、失敗した場合は退陣してほしい。これは一般企業でも、政治でも、どんな世界でも同じであり、「権限を持つ人間がそれと同等に持つ責任」である。それが無いのであれば、しかるべきところにリークする。

いずれ崩壊すると思う

現在、実施しようとしている方策により教職員は皆、不満を強く持ちモチベーションが下がっている。大学のために平気で教職員を切り捨てるようなやり方はいずれ崩壊すると思う。

目先のことしか見えていない素人経営

目先のことしか見えていない素人経営。元の木阿弥となるまえに訂正するべき。立て直そうなんて気持ちはさらさらくなった。勝手にやればいい。

ほかの病院にうつった方がいいです

ただでさえ看護師不足、時間外労働、時間外労働の無賃金がある中で昇級停止なら働く意欲の低下です。ほかの病院にうつった方がいいです。

赤字を教職員に押し付けるなど、もってのほか

赤字を教職員に押し付けるなど、もってのほか。
「至誠と愛」は、ないのか?
本来ならば、理事会が賠償しなくてはならない。
学生に就職先として、すすめない。
生徒に進学先として、すすめない。

身勝手な理事会での決定の通知でしかない

労働組合が多くの職員の悲痛を代弁して申し立てをしたとおり、廃止と引き下げについて説明はなかった。
身勝手な理事会での決定の通知でしかない。
手当ての引き下げは、職員に対する明らかな不利益です。
マイナス40パーセントが不利益ではないと考える人に、経営は不能なので辞めてください。

大変なんだよ

子供が三人いるんだよ
塾はいかせられないんだよ
神奈川県の田舎でも大変なんだよ

生活給という側面で一定年齢まではある程度昇給させるべきだと思う

生活給という側面で一定年齢まではある程度昇給させるべきだと思う。
しかしながら中高年で女子医大の業績に貢献するどころか足を引っ張るような事務職(ベテランのお局や管理職)については降格、場合によっては早期退職制度をすべき。危機感も改革の意識もない課長が医者の思いつきをそのまま部下に丸投げしているなか、優秀な事務員が愛想をつかして辞めていく現状を早急に対応すべきである。
自分の課長のマネジメント能力を補佐しようと努力したが全く改善が見られないため、退職することにした。

決算報告には、大変な衝撃と遣る瀬無さを感じました

先日のイントラネットでの決算報告には、大変な衝撃と遣る瀬無さを感じました。大学のブランドを維持ないしは向上させるためにも、この機会に同族経営をお辞めになっていただき、早稲田大学への売却を強く、強く希望します。早稲田大学ブランドでしたら働くモチベーションが増しますし、女子医の第二幕として踏ん切りをつけるときです。早稲田大学には、経営のプロもおられますし、相乗効果が一層高まる気がします。積極的な検討をお願いします。
ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ